敏感肌でも使えるエイジングケア化粧品はありますか?

敏感肌の悩みは、その悩みをもつ人にしかわからないといわれます。

肌に合わない化粧品を使ったときの、

 ・腫れや赤くなる
 ・ヒリヒリする
 ・ニキビ、コメドができてしまう

など、とても辛いものです。

敏感肌の方が、肌にやさしい化粧品を選ぶのはもちろんですが、敏感肌について理解し、体質から改善できるものを選びたいものです。


■敏感肌の原因は?

「敏感肌の原因は何だろう?」と思われるかもしれませんが、医学的な病名に「敏感肌」というものはありません。

一般に刺激の強い化粧品や洗顔剤を使ったときに、

 ・肌荒れ
 ・赤みが出る
 ・刺激を感じる

という人を敏感肌と呼んでいます。

肌が敏感になってしまう原因は、一般に

 1.ターンオーバーの滞り
 2.精神的なストレスや食生活
 3.もともとセラミドが不足している

が関係していると考えられています。

ターンオーバーは、ビタミンAによって促されていますので、普段の食事で緑黄色野菜や玉子、レバーなどを積極的にとることで対策ができます。

また、精神的なストレスは、敏感肌に悪いだけでなく、しみやそばかす、ほうれい線の原因にもなりますので、注意が必要です。

そして、一番重要なのは、セラミドが不足してしまうことです。

セラミドは、簡単にいうと「皮脂と水分が合わさったもの」ですが、これは、皮膚を紫外線などから守ってくれる働きがあります。

セラミドが不足してしまうと、無防備な状態となり、結果として、肌が赤くなったりしてしまうのです。


■敏感肌の対策について

敏感肌の方が化粧品でエイジングケアをする場合、

 1.セラミドを化粧品によって補えるものであること
 2.敏感肌の人向けの化粧品を選ぶこと

の2点に注意してください。

敏感肌の方が刺激の多い化粧品を使用してしまうと、取り返しのつかない大きなトラブルを招いてしまうこともあります。

アヤナスのような実績の多い化粧品を選ぶようにし、食生活やストレス、紫外線対策について見直すようにしてください。

このブログ記事について

このページは、pjが2015年4月30日 15:52に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「草花木果 透肌スキンケア口コミ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。